山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

公開日: 更新日:

 来月から始まる阪神春季キャンプの一軍メンバーに6人のルーキーが抜擢された。ドラフト1位の佐藤輝明は当然かもしれないが、彼以外の支配下ルーキー7選手からも5人が一軍入り。全員が大学・社会人・独立リーグ出身ということは掘り出し物の即戦力を早めに見極めたいのだろう。

 こういったドラフト1位以外のルーキーがキャンプで話題となり、蓋を開ければ一軍の貴重な戦力になったというケースはこれまでの阪神に多かった。現在の正捕手・梅野隆太郎も大卒ドラフト4位だったし、内野のレギュラー格である糸原健斗木浪聖也もそれぞれ5位と3位。投手では先発ローテの一角・青柳晃洋がドラフト5位で、秋山拓巳が4位、今やセットアッパーとして欠かせない存在の岩崎優に至っては最下位の6位だ。

 どういうわけか、阪神というチームはこういうドラフト下位選手の育成については妙に長けているところがある。代表的な下位選手といえば2002年のドラフト5位入団から、00年代に一世を風靡した最強リリーフトリオ・JFKの一角を担うまでになった鉄腕・久保田智之、00年のドラフト4位入団から球史に残るスピードスターへと成長した赤星憲広、同年7位入団から正遊撃手の座を勝ち取り、03年のリーグ優勝に大きく貢献した藤本敦士が挙げられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  7. 7

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

もっと見る