ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

公開日: 更新日:

 これまで球界では数多くの選手が週刊誌の「餌食」になってきた。

 あの清原和博の不倫話は枚挙にいとまがなく、ついには女房に逃げられた。巨人阿部慎之助二軍監督は現役時代に年下グラビアアイドルにハマり、二岡智宏三軍監督も、かつて女子アナと浮名を流した。ロッテ鳥谷敬阪神時代、「夜の三冠王」と呼ばれた。原辰徳監督も現役時代の女性問題を脅され、反社会的勢力に1億円を支払ったと報じられた。

 そこでロッテの清田育宏(34)だ。今月、写真週刊誌「FRIDAY」に不倫の詳細をスッパ抜かれたわけだが、コロナ禍における感染防止のため部外者との会食を禁じられていながらも女性との密会を球団に隠し、虚偽の申告をしていた。それだけでなく、自分がコロナに感染すると、密会の口止めのために女性には病院に検査に行かぬよう指示していたというから、まさにゲス野郎だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  7. 7

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る