山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

阪神「大型新人スラッガー」佐藤輝明と岡田彰布の相関関係

公開日: 更新日:

 阪神ドラフト1位ルーキー・佐藤輝明に期待している。なにしろ、4球団が競合した大学屈指のスラッガーである。阪神以外に入札した3球団がソフトバンク巨人オリックスというのもいい。あの柳田悠岐を擁するソフトバンクが、あの岡本和真を擁する巨人が、あの吉田正尚を擁するオリックスが、一番に欲しがった逸材なのだ。

 この時点で現4番の大山悠輔とは別の位置にいる。確かに大山もドラフト1位だが、佐藤とちがって阪神の単独指名であり、当時の評価では「2位でも取れた」と囁かれるような存在だった。

 また、その大山に続けと期待されている2年目の和製大砲候補・井上広大ともちがう。井上は名門・履正社高時代に4番打者として活躍し、夏の甲子園で優勝を果たすなど、輝かしい経歴の持ち主だったが、同年のU18日本代表に選ばれず、ドラフトでも1位ではなく2位指名、しかも阪神の単独だった。つまり、その時点での井上は専門家の評価が大きく分かれる選手だったわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    壇蜜なぜ支持が?“飲み会絶対に断る女”断言で陰キャが共感

  10. 10

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

もっと見る