コーチ「補佐」がキャンプで一番目立つ…巨人のトホホな今

公開日: 更新日:

 宮崎キャンプは15年ぶりに巨人に復帰し、背番号「73」を披露した桑田真澄投手チーフコーチ補佐(52)一色である。

 5日に現地入りすると、テレビも新聞も「ユニホーム姿を初披露」などと大騒ぎだ。「長嶋さんじゃないんだから。モデルじゃないんだよね。恥ずかしい」と照れながらも、まんざらでもない様子を見せている。

【写真】この記事の関連写真を見る(12枚)

■投内連係で自ら輪の中に飛び込み…

 7日も精力的だった。現役時代は野手顔負けの守備力、フィールディングに定評があった。朝の投内連係練習の際には、宮本投手チーフコーチの許可を得て、自ら投手陣の輪の中に入っていき、“コツ”を伝授。ブルペンでは桜井、高橋らを見守った。ここでは投手が踏み出した歩幅に注目。しゃがみ込みながら熱心に指導を行い、1カ所打撃で登板した畠、古川には、身ぶり手ぶりを交えながらアドバイスを送った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  9. 9

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

  10. 10

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

もっと見る