菅野らS班の心掴み宮崎へ 巨人に派閥誕生なら暗黒時代再び

公開日: 更新日:

 巨人桑田真澄投手チーフコーチ補佐(52)が5日、6日に始まるキャンプ第2クールから一軍本隊に合流するため、宮崎入りした。

 1日から始まった第1クールは東京ドームで独自調整組のS班をチェック。エース菅野をはじめ、FA加入の井納、原監督に守護神の筆頭候補に挙げられている中川、開幕ローテを争う今村らと連日対話を行った。指導は「まだ」と言うが、菅野が「桑田さんが巨人をどう見てきたか。投手の練習や動きを見ていて、どう感じているかを質問させていただいた」と言うように、ナインの方は興味津々のようだ。キャンプ前には宮崎の一軍本隊組の戸郷が「あれだけ勝っている方に聞いてみたいことは山ほどある。いっぱい聞きたい」とラブコール。ブルペンでは桑田補佐が「完投しろ」と指摘した「135球」を投げるなど、教えを忠実に守っているのだ。

「頭ごなしに言うわけではなく、最初に言い分を聞いてくれる姿勢、ソフトな語り口調でムダを省く合理的な練習法などが受け入れられつつある。東京ドームでの4日間で早くも菅野ら投手陣にシンパが生まれ始めています」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る