Gドラ1平内も無失点デビュー 今季新人好評にスカウト安堵

公開日: 更新日:

 巨人ドラフト1位・平内龍太投手(22=亜大)が上々の実戦デビューを果たした。

 11日の紅白戦で先発。先頭の松原をこの日最速となる142キロの直球で中飛に抑えると、北村を102キロのカーブで三ゴロ併殺に打ち取った。緩急を使い、1回無失点。「いい感覚で投げられたので自信になった。ツーシームが安定してくればもっと楽になる。直球はいい感じで指にかかった。今の状態は70点くらい」と笑みを浮かべた。

「投球フォームは後ろの部分が小さくてタイミングが取りにくそう。器用だから球種も抱負。先発ローテに入ってきそう」と他球団を警戒させる滑り出しとなった。

 他にルーキーで目立っているのが、身長2メートルの同5位・秋広優人内野手(18=二松学舎大付高)だ。

 エンゼルス大谷そっくりの構えから、右、左、右と広角に打ち分け、3安打をマーク。8日も2安打を放ち、7打数5安打と打ちまくっている。原監督は「内容もいい。想像を絶する彼流。だって大谷君より(身長が)大きいぜ」と賛辞が止まらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

  10. 10

    フジ女子アナにステマ疑惑…花形職業の凋落で自覚マヒか?

もっと見る