秦真司
著者のコラム一覧
秦真司野球解説者

1962年、徳島県生まれ。鳴門高を経て法大4年時に日本代表としてロサンゼルス五輪で金メダルを獲得。84年、ドラフト2位でヤクルト入団。90年に捕手から外野手に転向。92年の西武との日本シリーズ第6戦でサヨナラ本塁打を放つなど強打の野手として活躍した。現役通算16年間で打率.262、97本塁打、341打点。2001年にロッテの二軍打撃コーチ、05、06年に中日の捕手コーチ、08~11年はBCリーグ群馬の監督、12年から巨人の一、二、三軍バッテリーコーチを歴任。17年限りで退団も19年に巨人に復帰し、ファームバッテリー兼打撃コーチ。現在は野球解説者。

データを生かせず…巨人はソフトBに情報戦でも負けていた

公開日: 更新日:

 試合前のミーティングで選手が頭に入れることは多い。

 打者なら、相手投手の初球の傾向。内角から入ってくるのか、外角からか。直球、変化球の割合が多いのか……。

 0―0から3―2までカウントは12種類ある。打者有利、あるいは追い込まれたカウントでどう変わるのか。多くの傾向を頭に叩き込んで試合に臨む。

 昨年の日本シリーズで巨人が対戦したソフトバンク千賀滉大は、フォークを見逃されると、次の球は直球に切り替えることが多い。巨人のスコアラーが事前に収集したデータで、もし千賀と甲斐拓也の配球の傾向を把握していれば、丸佳浩が二回に喫した見逃し三振は、別の結果になっていたかもしれない。

 第1戦の二回無死、カウント2―2からボール球になるフォークを見極めた。フルカウントになった6球目、内角低めに159キロの直球がきて、見逃し三振に倒れた場面だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る