レッズ秋山 定位置確保はコミュ力とマインドセットが必須

公開日: 更新日:

 レッズ・秋山翔吾(32)が日本時間22日、アリゾナ州グッドイヤーでメジャー2年目に向けて始動した。

 デービッド・ベル監督はバッテリー組のキャンプ初日に、日本人外野手について「基本的に毎日、プレーすることになるだろう」と、昨季(54試合)以上に出場機会が増えると明かした。

 もっとも、レッズはウィンカー(27)、アキーノ(26)、センゼル(25)ら外野手が豊富だ。指揮官は相手投手の左右によってオーダーを変える傾向がある。左打ちの秋山は相手が左腕の場合、ベンチスタートが多くなるかもしれない。

 昨季、ナ・リーグのゴールドグラブ最終候補3人に残った秋山が定位置を確保するには、首脳陣とのコミュニケーションが欠かせない。去年はコロナ禍により、遠征先での外出は制限され、首脳陣や同僚と満足にコミュニケーションが取れなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  3. 3

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  4. 4

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  5. 5

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  6. 6

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  7. 7

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  8. 8

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

  9. 9

    加熱する中台「総額57億円のパイナップル」バトルに懐疑論

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る