澤村拓一にも課せられるR.ソックス救援ルーキーの“雑用係”

公開日: 更新日:

 バッテリー組のキャンプインを目前にレッドソックスと正式契約した澤村拓一(32)が18日、入団会見。「自分に何ができるか考えながらボストンのために戦いたい」と抱負を口にした。

 現在はビザ取得のため、日本国内に滞在しており、オンラインで日米のメディアに対応。レッドソックス入りの決め手については「代理人と何度もミーティングを重ねて、強く僕を求めてくれたためボストンを選びました」と説明した。

 今後、ビザが発給され次第、フロリダ州フォートマイヤーズでのキャンプに合流。渡米1年目のキャンプに出遅れただけに「今、大事なことはチームに馴染むこと。早く名前を覚えてもらって、どういう人間か知ってもらいたい」と、ナインとの対面を心待ちにした。

 32歳のオールドルーキーが、チームにいち早く溶け込むにはまず、老舗球団のしきたりに従わなければならない。レッドソックスでは新人の救援投手が練習前にひまわりの種やガムなどの菓子類をバッグに詰めて準備し、ブルペンまで運ぶのが長年の伝統になっている。移動の際には、車中で飲み物を配るのもルーキーに与えられた雑用のひとつだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  9. 9

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  10. 10

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

もっと見る