瀬戸大也の五輪メダルに黄信号 得意種目で台湾若手が台頭

公開日: 更新日:

 東京五輪代表選考会を兼ねた4月の日本選手権(東京アクアティクスセンター)を前に、競泳の有力選手が最後の実戦調整に臨んだ。5日まで2日間にわたって行われた東京都シニア春季公認記録会(辰巳国際水泳場)に瀬戸大也萩野公介(ともに26)らが出場。瀬戸は4日に調整の一環として専門外の100メートルバタフライで53秒12、200メートル背泳ぎで2分4秒66をマークした。

 瀬戸はすでに個人メドレー2種目(200メートル、400メートル)で代表入りが内定。日本選手権では1分52秒53の日本記録を保持する200メートルバタフライでの出場権獲得を目指す。不倫騒動による資格停止処分から復帰した2月のジャパンオープンでは、日本水連が定めた五輪派遣標準記録の1分56秒25に迫る1分56秒32をマークしており、順当なら3種目での出場が有力だ。個人メドレーと合わせて3冠達成を期待されるものの、スキャンダルでレースを離れている間、海外の若手が台頭してきた。

 昨年10~11月にハンガリーで行われた賞金レースで、台湾の王冠閎(19)が200メートルバタフライで1分49秒89をマークして、瀬戸(当時18)が2012年10月のW杯ドーハ大会で樹立した短水路(25メートル)のジュニア世界記録(1分51秒30)を更新した。王が出場した賞金レースは国際水連(FINA)公認大会ではないものの、台湾メディアによれば、このほどFINAから正式に世界新として認定されたという。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ