瀬戸大也の五輪メダルに黄信号 得意種目で台湾若手が台頭

公開日: 更新日:

 東京五輪代表選考会を兼ねた4月の日本選手権(東京アクアティクスセンター)を前に、競泳の有力選手が最後の実戦調整に臨んだ。5日まで2日間にわたって行われた東京都シニア春季公認記録会(辰巳国際水泳場)に瀬戸大也萩野公介(ともに26)らが出場。瀬戸は4日に調整の一環として専門外の100メートルバタフライで53秒12、200メートル背泳ぎで2分4秒66をマークした。

 瀬戸はすでに個人メドレー2種目(200メートル、400メートル)で代表入りが内定。日本選手権では1分52秒53の日本記録を保持する200メートルバタフライでの出場権獲得を目指す。不倫騒動による資格停止処分から復帰した2月のジャパンオープンでは、日本水連が定めた五輪派遣標準記録の1分56秒25に迫る1分56秒32をマークしており、順当なら3種目での出場が有力だ。個人メドレーと合わせて3冠達成を期待されるものの、スキャンダルでレースを離れている間、海外の若手が台頭してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る