V3王者巨人に“蟻の2穴” FA井納は頭部裂傷、坂本は腰痛再発

公開日: 更新日:

 セ・リーグ3連覇を狙う巨人に暗雲が垂れ込めている。

 今季DeNAからFAで加入した井納翔一(34)が15日の練習中に頭部を裂傷し、数針を縫うケガを負った。予定していた17日の中日戦の先発を回避。原監督は「多少響く。(開幕枠は)はっきり断言できない」と内定していた開幕ローテーション入りは一転、不透明な状態だ。

 これまでに菅野、戸郷、サンチェス、井納、今村の5人が内定していたが、井納の代役としてドラフト1位ルーキー平内が17日のオープン戦で先発する。2番手で畠が登板予定。先日二軍落ちした高橋や野上も巻き込んだ開幕ローテ5、6番手争いが、ここにきて勃発した格好だ。

 巨人OBで元投手コーチの高橋善正氏(評論家)がこう言った。

「バタバタしてきましたね。原監督は井納に150イニング以上を投げてもらうことを期待していた。ダッシュができるなら恐らく軽傷でしょう。でも、少なからず調整に影響が出る可能性はある。もし馬力のある井納が離脱するようなことになれば、エース菅野の負担が増すかもしれない。これは緊急事態ですが、それより気になるのは坂本の方です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    NY州の資格持つ日本人弁護士「小室圭さんが働きながら勉強していても上司は大目に見てくれない」

    NY州の資格持つ日本人弁護士「小室圭さんが働きながら勉強していても上司は大目に見てくれない」

  2. 2
    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

  3. 3
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    鬼束ちひろ容疑者“お騒がせ歌姫”奇行の果て…救急車を蹴飛ばし現行犯逮捕→薬物検査の衝撃

    鬼束ちひろ容疑者“お騒がせ歌姫”奇行の果て…救急車を蹴飛ばし現行犯逮捕→薬物検査の衝撃

もっと見る

  1. 6
    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

  2. 7
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

  3. 8
    “奇行歌姫”鬼束ちひろ起用で早くも話題 来年公開の「トリック劇場版」

    “奇行歌姫”鬼束ちひろ起用で早くも話題 来年公開の「トリック劇場版」

  4. 9
    秋篠宮家への逆風再び…悠仁さま「超進学校」への入学は“特別扱い”なのか

    秋篠宮家への逆風再び…悠仁さま「超進学校」への入学は“特別扱い”なのか

  5. 10
    大麻逮捕の元HKT谷口愛理 脱退後の“ギャル”激変とワル素顔

    大麻逮捕の元HKT谷口愛理 脱退後の“ギャル”激変とワル素顔