エ軍が開幕ダッシュに成功!好調の要因と大谷初POへの課題

公開日: 更新日:

 日本時間5日にスライディングを食らった影響はなさそうだ。

 エンゼルスの大谷翔平(26)が、同7日のアストロズ戦に「2番・DH」でスタメン復帰し、4打数2安打1得点。試合は2―4で敗れた。

 大谷は初回、相手先発でサイ・ヤング賞(2009年)右腕グリンキーへの内野安打を放つなど、今季初のマルチ安打を記録した。

 同6日のアストロズ戦では、2点を追う八回無死一、二塁で代打で打席に入るも、太ももに死球を食らって出塁。ぶつけられた直後、投手をにらみつけるシーンもあった。同点に追い付いた1死後、内野ゴロの間に三塁走者の大谷が好走塁で勝ち越しのホームを踏んだ。

 ここまでエンゼルスは4勝2敗で、首位アストロズとは1ゲーム差のア・リーグ西地区2位。少し気は早いが、開幕ダッシュに成功したチームは2014年の地区優勝以来、7年ぶりのプレーオフ進出となるのかどうか。実現すれば4年目の大谷にとってはもちろん初めてのことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る