巨人を叩くなら今だ!大量離脱&貧打のWパンチで3位転落

公開日: 更新日:

 巨人の強力打線に元気がない。

 6日の阪神戦も4安打に封じられた。チーム打率.217はリーグ最下位。昨季、1勝3敗(防御率1.77)に抑え込まれた天敵・西勇輝の前に伏兵・香月一也の本塁打で2点を取るのがやっとだった。

 唐突な降雨コールドによる試合終了に「もう少しやっていれば、3点は取ったかもしれない」と原監督は苦笑いで話したが、巨人はオープン戦でもチーム打率.236と打線が低迷。「全体的によくなってきている気がする」と開幕後の爆発を期待した指揮官の言葉むなしく、なかなか上向く気配がない。

「まだシーズンは始まったばかりとはいえ、首脳陣の心配は梶谷でしょうね。開幕から1番に座っていますが、打率は.158で出塁率も.256とリードオフマンの役割を果たせていない。オープン戦でも打率.196と精彩を欠いた。持ち味である思い切りのよさが影をひそめ、甘い球を見逃すケースが目につきます。FAで巨人に入団した重圧なのか、慎重になり過ぎている印象です」(セ球団スコアラー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る