巨人に快勝も虎打線イマイチ…首位固めのキーマンは近本

公開日: 更新日:

 最高の滑り出しといっていいのではないか。

 阪神は6日の巨人戦に6-2で快勝。今季初となる甲子園での試合で、昨季8勝16敗と大きく負け越した宿敵に土をつけた。

 これでチームは開幕10試合を終え、7勝3敗と首位をキープ。昨季、開幕から2勝10敗と大コケしたことを考えれば雲泥の差といっていいが、その一方で懸念材料もなくはない。打線の「二枚看板」である1番近本、4番大山の不振である。

 この日、近本は4タコ、大山は適時打を含む2安打を放ったものの、揃って打率は低迷(近本.146、大山.211)。開幕から好調を維持する糸原、サンズが中心となって2人の不調をカバーしているのが実情だ。今後も勝ち続け、首位固めをするためには、近本、大山の奮起が欠かせない。

「中でも、近本の活躍は必要不可欠です」と、放送関係者がこう続ける。

「近本は昨季、全120試合に出場し、打率.293、9本塁打、45打点、31盗塁で、盗塁王のタイトルを獲得した。打撃成績だけ見れば28本塁打を放った大山の方が目立ちますが、近本は打撃、守備、走塁すべてを含めた貢献度を表す指数の『WAR』が断然のチームトップだったといいます。つまり、近本は大山以上に替えがきかない選手なのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

  2. 2
    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

  3. 3
    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

  4. 4
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  5. 5
    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

  1. 6
    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

  2. 7
    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

  3. 8
    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

  4. 9
    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

  5. 10
    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景

    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景