G貧打に原監督耐えられるか 解消に囁かれる得意のトレード

公開日: 更新日:

 そこで浮上するのが、トレードである。13日に決勝弾を放った広岡や香月といったトレード加入選手がいぶし銀の働きを見せている。昨季楽天で開幕二軍だったウィーラーは、巨人にトレード移籍して重宝される。今季の開幕当初は、貧打線の中で打撃好調。日本球界が長い(7年目)助っ人は頼りになることを証明している。

 さる球界関係者がこう言った。

「『二の矢、三の矢』と早めに手を打ってくるのが原監督。巨人は実績があって二軍でくすぶっている大物や有望な若手らを幅広く調査しています。この日、隔離が明けて二軍練習に合流したソフトバンクウラディミール・バレンティン(36)が候補との情報もあります」

 層が厚いソフトバンクでバレンティンは完全に余剰戦力だ。昨季は打率・168。日本シリーズでも出番はなかった。36歳で年俸5億円。他球団ならとても手を出せないが、助っ人であふれ返る巨人において、外国人枠ではなく、「日本人扱い」というのはおいしい。9年間ヤクルトに在籍していたため、セの投手に慣れているというメリットもある。期待の新顔2人が打てばいいが、揃ってコケるようなら、最後の救世主はこの男だともっぱらだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る