原巨人で正捕手は育たない 早くも大城一塁起用の辛抱なさ

公開日: 更新日:

 巨人大城卓三(28)が8日の阪神戦で、今季初めて「一塁」でスタメン出場した。開幕から11試合連続先発マスクをかぶっていたが、7日の阪神戦で七回の守備から一塁に回っていた。

「今年はレギュラーを固定したい。捕手は誰かがレギュラーをつかんで欲しい」

 原監督は昨オフからこう宣言。昨年までの併用制を自ら否定し、正捕手に大城を指名した。それが、前日までの2試合で13失点を喫したリード面を問題視。7日まで9試合連続で3得点以下という貧打にあえぐ打線のテコ入れも兼ねて、開幕12試合目にして早くもスタメンマスクを炭谷にチェンジした格好だ。大城は「5番・一塁」で先発。4打数1安打だった。

 試合後に「打線に活を入れるという考え方」と意図を説明した原監督。2度目の復帰を果たした2018年オフ、真っ先に捕手の大城を一塁にコンバートしようとしたという。当時の秦真司ファームバッテリーコーチが、正捕手の小林を脅かす能力があると進言。捕手継続が決まった経緯がある。巨人OBで元投手コーチの高橋善正氏(評論家)がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る