G丸が補欠危機 熾烈な外野手争いと打率低迷で安泰にあらず

公開日: 更新日:

 6連勝中の2位巨人が引き分けた。先発今村が7回途中1失点と好投も、八回に中川が同点に追い付かれた。

■新助っ人テームズは二軍戦で2安打

 一方、新外国人選手が二軍戦で存在感を見せている。エリック・テームズ外野手(34)は2安打1打点。ジャスティン・スモーク内野手(34)は左足のつま先付近に死球を受けて交代したものの、16日の実戦デビューから2試合連続で2安打2打点をマークしている。

 原監督にとって悩ましいのは外野手争いだ。中堅の松原聖弥(26)が5試合連続安打で打率.304と好調を維持。FA加入1年目の梶谷隆幸(32)も復調気配。五回2死三塁からダイビングキャッチでチームを救った。この日の左翼には重信が入り2安打。外野陣が軒並み好調でチームを6連勝と牽引している。さるチーム関係者がこう言う。

「左翼は亀井らでやりくりしていて、ここにテームズが入る予定。問題はコロナの陽性判定から二軍練習に復帰している丸(佳浩=32)をどうするか。離脱するまで打率.0割台(8試合で23打数2安打、.087)。陰性になったから無条件で一軍復帰というわけにはいかないようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る