巨人コロナ直撃で大量離脱も勝利 補強戦力の威力まざまざ

公開日: 更新日:

 巨人に衝撃が走った。

 3日のヤクルト戦前に実施したPCR検査で、中島宏之(38)と丸佳浩(31)が陽性と判定された。同日に起死回生の同点打を放った若林晃弘(27)も再検査の結果、陽性が確定。さらに、4日の朝に行ったPCR検査でウィーラー(34)も陽性と判定された。ウィーラーは8試合で打率.452と絶好調。この日の試合も「5番・左翼」で出場予定だったが、試合開始直前にスタメンから外れ、立岡が出場した。陽性判定者と接触頻度が高かったと判断された亀井、増田大、北村も登録を抹消された。

 そんな緊急事態下でもこの日の巨人は勝った。代役の立岡は二回、1点を先制され、なおも2死満塁のピンチで、安打性の打球をダイビングキャッチ。打っては四回にチーム初安打を放った。五回には昨季ロッテからトレード移籍した香月が、巨人での初安打となる二塁打。七回には先月トレードで加入した広岡が、こちらも移籍後初安打となる決勝三塁打を放った。ネット裏の他球団スコアラーが嘆息する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

もっと見る