大谷が21日レンジャーズ戦登板 回復順調で監督ゴーサイン

公開日: 更新日:

 右手中指の影響で登板を見送っていたエンゼルスの大谷翔平(26)が20日(日本時間21日)のレンジャーズ戦に登板することが決まった。球団が18日(同19日)、正式に発表した。

 今季、二刀流に復帰した大谷は4日のホワイトソックス戦に投打で同時出場し、4回3分の2を2安打3失点(自責点1)。試合途中にまめができた上に、本塁にベースカバーに入った際、相手走者からスライディングされて降板した。

 エンゼルス首脳陣は、この試合を最後に、大谷の中指の回復に慎重を期して投手での起用を見合わせてきた。17日にはブルペン入りして30球の投球練習を行うなど、順調な回復を見せていることから、ジョー・マドン監督がゴーサインを出した。

 大谷は、ここまで打者として13試合に出場して打率3割3分3厘、4本塁打、12打点をマークし、アメリカン・リーグ西地区首位と好調なチームを牽引している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  3. 3

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  4. 4

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  5. 5

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  6. 6

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  7. 7

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  8. 8

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  9. 9

    今期ドラマは豊作と話題 TBSがやっぱりダントツに面白い

  10. 10

    グローバルダイニングが黒字転換 都に反発し店は大盛況

もっと見る