“打撃音痴”ダルがカーショーから学ぶべきは「打席の粘り」

公開日: 更新日:

 パドレス・ダルビッシュ有(34)が日本時間24日のドジャース戦に2勝目(1敗)をかけて登板。昨季のワールドチャンピオン相手に敵地ドジャースタジアムで、サイ・ヤング賞左腕カーショー(33)と投げ合う。

 前回18日のドジャース戦でも、カーショーと投手戦を展開した。四回まで1人の走者も出さなかったが、五回2死満塁からカーショー(通算打率・160、1本塁打、38打点)に痛恨の押し出し四球。7回を1安打1失点、9奪三振と好投しながら、打線の援護に恵まれず今季初黒星を喫した。

 息詰まる投げ合いを制したベテラン左腕は押し出しを選んだ打席について「ダルはいい球を投げていたので打てる気がしなかったし、打つ気もなかった」と持ち上げながらも、「嫌がらせしてやろうと思い、ファウルで粘って少しでも球数を投げさせたかった」と明かしている。あの場面、カーショーはカウント2―1から、ダルの変化球に食らいつくようにして3球連続でファウルにした末に、殊勲の四球を選んだ。

 このカーショー同様、ダルの打撃成績は芳しくない。DH制のないナ・リーグに移籍した17年以降、94打数7安打の打率・074、0本塁打、4打点。過去には「打撃は苦手だから期待しないでほしい」と話したこともあり、明らかに打つ気のないそぶりで打席に立つことも珍しくない。カブス時代からバッテリーを組むカラティーニですら、超一流の投手と認めながらも「彼はひどい打者だから、まだ(打撃を)学ばなければならない。本当にひどい」と、さじを投げているほど。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  2. 2
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 3
    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  4. 4
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  5. 5
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

  1. 6
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 7
    趣里はスズ子で好感度爆上がりも…朝ドラ「ブギウギ」撮了後の次回作が俳優人生を左右する

    趣里はスズ子で好感度爆上がりも…朝ドラ「ブギウギ」撮了後の次回作が俳優人生を左右する

  3. 8
    吉田羊がジャニーズとの“雪解け”で完全復活 Hey! Say! JUMP中島裕翔の“合鍵愛”から7年

    吉田羊がジャニーズとの“雪解け”で完全復活 Hey! Say! JUMP中島裕翔の“合鍵愛”から7年

  4. 9
    大阪万博準備の“ないない尽くし”パビリオン設計者が明かす…「強行なら能登復興の足かせに」

    大阪万博準備の“ないない尽くし”パビリオン設計者が明かす…「強行なら能登復興の足かせに」

  5. 10
    迫る史上最高値更新…新NISA高配当銘柄の注意点 “あおぞら銀ショック”が初心者を襲う

    迫る史上最高値更新…新NISA高配当銘柄の注意点 “あおぞら銀ショック”が初心者を襲う