エンゼルスが有原に2勝目献上 レンジャーズがPSへの鬼門に

公開日: 更新日:

 かつて日本ハムで同じ釜の飯を食った仲の対戦は、ルーキー右腕に軍配が上がった。

 エンゼルス・大谷翔平(26)が日本時間20日のレンジャーズ戦で、相手先発の有原航平(28)と対戦。本塁打性の当たりを放ちながら相手の中堅手に好捕されるなど新人右腕の前に2タコ。その後は2打席連続三振に倒れて4打数無安打に終わり、結果として有原に2勝目(1敗)を献上した。

 好調な大谷が打線を牽引し、開幕ダッシュに成功したエ軍にとって、ア・リーグ西地区下位に低迷する有原のレ軍が鬼門になりかねない。

■レ軍の下馬評はア西地区最下位

 エンゼルスは同地区のライバルであるレンジャーズと分が悪く、過去5年間で勝ち越したのは18年(13勝6敗)のみ。ここ2年連続(19年9勝10敗、20年4勝6敗)で負け越している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  3. 3

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  4. 4

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  5. 5

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  6. 6

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  9. 9

    ピーチ“マスク拒否男” 直撃取材の1週間後に飲食店で大暴れ

  10. 10

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

もっと見る