大谷が投手で1072日ぶり白星も…“TJ後遺症”完全払拭ならず

公開日: 更新日:

 歴史的な快挙を成し遂げても、内容には不満が残った。

 エンゼルス・大谷翔平(26)が日本時間27日のレンジャーズ戦に「2番・投手」で先発出場。5回を1本塁打含む3安打3四死球、4失点。打っては3打数2安打2打点。自身も加担した打線の援護もあり、1072日ぶりの白星を手にした。本塁打数トップ(7本)で先発登板を迎えたのは1921年6月13日のベーブ・ルース以来100年ぶり。この試合でルースは勝利投手になっている。

 二刀流のレジェンドに肩を並べたが、試合後の大谷は「手放しでは喜べないです」とぶぜん。課題の制球は依然として不安定で、直球は逆球が目立ち、スプリットは精度を欠き、初回に3四死球も絡んで4点を失った。

「過去2度の登板と比べても腕の振りを意識的に抑えて、制球を重視しているように見えました。スプリットが落ちなかったのも、腕の振りが鈍かったからです。二回以降はスライダーが狙い通りに決まるようになり、投球が安定したとはいえ、直球も含めた制球を向上させる余地はあります。大谷の登板時にはDHを解除するため、仮に早い回で降板すれば、その後の選手のやりくりが大変になる。極力、長いイニングを投げるためにも、立ち上がりの不安定さも含めて、もう一段階のレベルアップが求められる」(Jスポーツ大リーグ中継で解説を務める評論家の三井浩二氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る