大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(26)が12日(日本時間=以下同)、敵地ヒューストン(テキサス州)でのアストロズ戦に2勝目(0敗)をかけて登板。今季3試合目のリアル二刀流で起用され、今季最長の七回を投げ、4安打1失点10奪三振と好投したが、チームは1-5でアストロズに敗れた。

 大谷は今季、ツーウエープレーヤーとして復帰し、開幕から本塁打を量産。リアル二刀流で出場した4月27日のレンジャーズ戦では渡米1年目の2018年以来1072日ぶりの白星をマーク。この時点でメジャートップタイの7本塁打を放っており、本塁打数最多の選手が先発したのは1921年6月のベーブ・ルース以来、100年ぶりの快挙だった。

 米国のスポーツメディアは今季の大谷の飛躍を大々的に伝えているが、過熱気味の報道とは対照的に全米のファンの反応はイマイチだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  8. 8

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  9. 9

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  10. 10

    映画「宮本から君へ」裁判で全面勝訴! 忖度なき映画プロデューサーの“アンチ魂”

もっと見る