問われる大谷“リアル二刀流” 両リーグ覇者との対戦は試練

公開日: 更新日:

 今季、投打の二刀流として復調著しいエンゼルス・大谷翔平(26)にとって、シーズン序盤のヤマ場となりそうだ。

 次回登板は日本時間5月4日のレイズ戦に決定。中5日のローテなら同10日のドジャース戦のマウンドに上がる(いずれも本拠地アナハイム)。昨季のア、ナ両リーグのチャンピオンチームを相手にDH制を解除してリアル二刀流で臨めば、投打とも苦戦しかねない。

 相手の先発はレイズ・グラスノー(27=今季6試合で3勝1敗、防御率1.67)、ドジャース・ビューラー(26=同5試合で1勝0敗、防御率3.16)の両右腕。大谷同様、いずれも直球の最速が160キロ超の本格派で、米主要メディアによる開幕前の予想では、ともに両リーグのサイ・ヤング賞候補に挙げられた。

 特にグラスノーは昨季までの直球と2種類のカーブに加え、新たにスライダーを織り交ぜて昨季まで比較的、苦手にしていた左打者を抑えている(被打率.121)。加えて両チームとも打線は好調で、総得点はレイズ111(リーグ4位)、ドジャース126(同3位)。

 大谷は昨季の両リーグ覇者を相手にリアル二刀流の真価を問われることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  6. 6

    国内で初「健康な20代男性」無念のコロナ死…入院できず

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  9. 9

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る