大谷と本塁打王争いのライバル マルティネスは馬車馬並み

公開日: 更新日:

 エンゼルス大谷翔平(26)が日本時間15日、敵地ボストンでのレッドソックス戦に「2番・DH」で出場。六回の第3打席で、カウント1―1からの変化球を捉えてグリーンモンスター(左翼席)に叩き込む11号ソロ本塁打を放った。

 相手の主砲はJ.D.マルティネス外野手兼DH(33)。今季は開幕から好調で、一時は大谷とともに本塁打数でメジャートップを分け合った。この試合の前まででも、ともに10本で11本のインディアンス・ラミレスに次いでリーグ2位タイに付けている。

 マルティネスは2018年に打点王(130)を獲得している他、各ポジションごとに優れた打者を選出するシルバースラッガー賞を2度(15、18年)受賞。18年には史上初めて外野手、DHの2部門で選出された。

 メジャーを代表する強打者のひとりであるマルティネスは、大谷のように全試合出場ではないものの、今季はワークホースぶりを発揮している。ここまで39試合のうちチームトップタイの37試合に出場。欠場2試合のうちの1試合は4月11日に風邪の症状を訴えてMLBの新型コロナウイルス規定に抵触し、今季特設されたコロナ負傷者リスト(IL)に入ったためだ。その後の検査で陰性が確認されたため、翌12日のオリオールズ戦で復帰し、いきなり3本塁打を放った。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  2. 2
    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

  3. 3
    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

  4. 4
    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

  5. 5
    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

  1. 6
    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

  2. 7
    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

  3. 8
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  4. 9
    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

  5. 10
    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ

    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ