大谷と本塁打王争いのライバル マルティネスは馬車馬並み

公開日: 更新日:

 エンゼルス大谷翔平(26)が日本時間15日、敵地ボストンでのレッドソックス戦に「2番・DH」で出場。六回の第3打席で、カウント1―1からの変化球を捉えてグリーンモンスター(左翼席)に叩き込む11号ソロ本塁打を放った。

 相手の主砲はJ.D.マルティネス外野手兼DH(33)。今季は開幕から好調で、一時は大谷とともに本塁打数でメジャートップを分け合った。この試合の前まででも、ともに10本で11本のインディアンス・ラミレスに次いでリーグ2位タイに付けている。

 マルティネスは2018年に打点王(130)を獲得している他、各ポジションごとに優れた打者を選出するシルバースラッガー賞を2度(15、18年)受賞。18年には史上初めて外野手、DHの2部門で選出された。

 メジャーを代表する強打者のひとりであるマルティネスは、大谷のように全試合出場ではないものの、今季はワークホースぶりを発揮している。ここまで39試合のうちチームトップタイの37試合に出場。欠場2試合のうちの1試合は4月11日に風邪の症状を訴えてMLBの新型コロナウイルス規定に抵触し、今季特設されたコロナ負傷者リスト(IL)に入ったためだ。その後の検査で陰性が確認されたため、翌12日のオリオールズ戦で復帰し、いきなり3本塁打を放った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る