ドジャース移籍の筒香は“お試し補強”どこが評価されたのか

公開日: 更新日:

 メジャー初年度の昨季は51試合で打率.197、今季は26試合で同.167。それでも引く手はあった。

 ドジャースが日本時間の16日、レイズからウエーバーにかけられていた筒香嘉智(29)をトレードで獲得したことを発表。米紙によると、ドジャースが筒香に支払う金額はメジャー最低保証額とほぼ同額の約6200万円で、レイズ側が残りの年俸約7億800万円を負担する。

 レイズに続いて、今度はドジャースである。昨季のワールドシリーズを戦った両球団はどちらも「データ野球」を重視しており、選手の能力も数字で評価する。そんな2チームは筒香のどの部分を評価したのか。スポーツライターの友成那智氏はこう語る。

「レイズは筒香の長打力と四球による出塁率を見込んでいました。それでチームの野手では2番目の高年俸(2年約13億円)で契約したのに、結果が出なかったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る