大谷が初「3番・DH」で逆転2ラン メジャートップタイ12号

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(26)が値千金の一発を放った。日本時間17日のレッドソックス戦に今季初の「3番・DH」で出場。1本塁打を含む5打数1安打2打点1得点だった。

 4―5と1点を追う九回2死一塁、相手守護神バーンズの155.5キロの直球を捉えると、打球は右翼ポールギリギリに吸い込まれる逆転の12号2ラン。リーグ2位の9セーブを挙げている剛球右腕を攻略し、この時点で本塁打数はブレーブス・アクーニャJr.、ヤンキース・ジャッジらとともにメジャートップに躍り出た。

 今季ワーストタイの5連敗を阻止した一発に試合後の大谷は「すごく大きいと思う。きょう負けるか、負けないかではだいぶ大きい」と振り返った。

 本塁打を争っているが「まだ10本ちょっと。打撃もそんなに絶好調という感じではない。微調整を繰り返しながら、もっともっと上げていきたい」と、更なる高みを見据えた。

 ツインズ・前田はアスレチックス戦で4回3分の0を8安打5失点で勝敗はつかなかった。レッズ・秋山はロッキーズ戦で4打数3安打だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  2. 2

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る