阪神「ヌケヌケ」崩れるも連敗…交流戦で“ザル守備”再露呈

公開日: 更新日:

 ようやく「ヌケヌケ」から脱出できた――と言っても黒星が並んでは意味がない。

 阪神は6日のソフトバンク戦を落とし、4月27、28日以来、交流戦では初の連敗となった。5月14日の巨人戦から勝ちと負けを交互に繰り返し、相撲用語で言うところのヌケヌケが、ついに崩れた。

 この日は先発予定だったガンケルが体調不良のため、急きょ高卒2年目の西純矢が先発。初回に3点を失った。予定外の登板で立ち上がりの不調は責められないものの、その後の失点は「仕方ない」では済まされない。

 四回は大山の2試合連続となるエラーが失点につながり、五回は中継ぎの斎藤が暴投して三塁走者が生還。八回は坂本の悪送球、中野の失策で傷口をさらに広げてしまった。これで前日5日に続き、2試合連続3失策。ザルの守備陣だ。


 阪神の42失策は12球団ワースト。セのポジション別失策ランキングは、一塁手と二塁手以外の全てで阪神選手が1位あるいは1位タイだ。それでも開幕から好調とあれば細かいミスは目立たず、在阪メディアも大きく取り上げてこなかった。懸念されていた交流戦で、弱点が再び露呈した。

 かつて阪神で監督を務めた野村克也氏は「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」と言った。穴あきグラブを修繕しないと貯金14も砂上の楼閣だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  2. 2

    中村アンvs石原さとみ 話題の“ショートカット対決”の行方

  3. 3

    小室圭さんが享受する”特権待遇”は眞子さまとの結婚後も

  4. 4

    「安心安全とは?」の本紙質問に橋本組織委会長の“迷回答”

  5. 5

    テレ朝斎藤アナ“お泊まり愛”のお相手 TBS小林廣輝アナって

  6. 6

    「恋ぷに」大苦戦の石原さとみが日テレに抱いた深い不信感

  7. 7

    石原さとみ「結婚」でもキャラ変できず…北川景子との明暗

  8. 8

    小池女帝「都議選惨敗データ」に真っ青…都ファ30減の衝撃

  9. 9

    自民・武井俊輔議員「当て逃げ事故」の真相 被害者が語る

  10. 10

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

もっと見る