小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

神奈川大会は東海大相模V率85% 古巣の横浜は2年後に勝負

公開日: 更新日:

 全国トップを切って5日に神奈川県で夏の地方大会の組み合わせが決まった。

 今春のセンバツを制し、県内41連勝中で2019年春から今春まで6季連続優勝中の東海大相模が大きくリード。春の県大会はエース石田が1回3分の1しか投げずに優勝。2番手の石川も好投手で、大塚主将、門馬監督の次男ら野手の層も厚い。投打に死角は見当たらず、準決勝までは石田が投げなくても負ける要素はない。

 対抗は春県準V、関東4強の桐光学園だ。春は東海大相模に1点差で敗れるなど、投打のバランスがいい。

 3番手は古巣・横浜。148キロ左腕の金井がどこまで復調するかがカギ。ライバル東海大相模とは、順当なら準決勝で対戦する。

 東海大相模が優勝する確率は85%、桐光学園は10%、古巣には頑張って欲しいが、横浜は5%といったところだろう。神奈川県は176校が参加するが、甲子園出場のチャンスがあるのはこの3校とみる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  5. 5

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  6. 6

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  7. 7

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  8. 8

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  9. 9

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  10. 10

    小池都知事は感染ワースト更新も他人事 発表前スゴスゴ退庁ダンマリの「計算」

もっと見る