井岡一翔の名誉を傷つけたドーピング騒動は「玉虫色の決着」JBC公式謝罪でも“病巣”変わらず

公開日: 更新日:

 一件落着――という表情ではなかった。

 ボクシングWBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(32)が12日、都内ホテルで日本ボクシングコミッション(JBC)の永田有平理事長とともに会見。JBCの不手際によってドーピング違反の疑いをかけられたことに対する謝罪を受けた。一応の“和解”が成立したが、井岡は厳しい表情を崩すことなく、こう言ったのだ。

「すっきり解決した気分ではないが、一つのケジメとして(謝罪を)受け入れることにした。整理をつけて、次に進んでいかないといけない」

 ジム関係者が言う。

「騒動の過程では、井岡の尿検体をJBC職員が自宅の冷蔵庫で保管していたというあり得ない事実も発覚した。井岡がJBC役員の退任とドーピング検査の整備を求めたのも当然だが、理事長を含む幹部の退任は『理事会に諮る』と先送り。そもそも、今回の騒動の発端は一部メディアへの内部リークが発端。JBC内の権力闘争が背景にあり、現体制を陥れる狙いがあるのは明らか。井岡はそれに利用されて、大麻疑惑までかけられた。問題の根は深い」

 とてもじゃないが、一件落着とはいかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  7. 7

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  8. 8

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

もっと見る