王者・井岡 タトゥー騒動の次は大麻疑惑…尿検査で陽性

公開日: 更新日:

 世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井岡一翔(32=Ambition)が、昨年12月の世界戦の際に受けたドーピング検査で、大麻成分の陽性反応が出たことが26日、分かった。

 日本選手として初の世界4階級制覇を成し遂げている井岡は2020年12月31日、挑戦者の田中恒成(25=畑中)に8回TKO勝ちし、2度目の防衛に成功した。関係者によると、試合当日に井岡から採取した尿検体を「A検体」と「B検体」に分け、今年1月に検体を分析。A検体から大麻成分が検出された。この結果を受け、別の機関にB検体を提出したという。井岡は弁護士を通じ、違法薬物や不正薬物を摂取したことは一切ないとしている。

 09年4月にプロデビューし、国内男子世界王座最速獲得記録(当時)の7戦目で世界ボクシング評議会(WBC)ミニマム級王座を奪取した。19年6月には日本男子初の世界4階級制覇を達成。戦績は28戦26勝(15KO)2敗で、世界戦通算17勝は日本男子最多記録となっている。

 田中との防衛戦の後、左腕に入れたタトゥーが問題視され、日本ボクシングコミッション(JBC)から厳重注意処分を受けたばかりだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る