井岡は大麻&ドーピング潔白 唖然とさせたJBCの尿管理方法

公開日: 更新日:

 緊急事態宣言が発令されるか否か、という状況で迎えた2021年の正月。ある日本ボクシングコミッション(JBC)職員宅の冷蔵庫内は“緊急事態”だった――。

【写真】この記事の関連写真を見る(08枚)

 19日、WBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(32)が都内で緊急記者会見を開いた。4月末に一部週刊誌などが報じたドーピング疑惑問題に決着がつき、身の潔白が証明されたからだ。

 昨年12月31日の世界戦後、井岡の尿から大麻成分などが検出。JBCは本来ならその検体を国際基準にのっとり、「温度変化のような要因による検体の劣化のおそれを最小化する方法」で「可能な限り早急に」検査機関へ搬送すべきはずだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  4. 4

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  9. 9

    「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合

  10. 10

    キムタク海外ドラマ進出も喜べない裏事情 よぎる山Pの失敗

もっと見る