大谷翔平がマウンドで抜群の安定感 打撃にも相乗効果と評論家

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(27)が日本時間21日のアスレチックス戦に「2番・DH」で出場。相手の先発カプリーリアン、2番手ロモの両右腕に対し、3打席連続三振。3打数無安打1四球だった。

 リアル二刀流で出場した前日はくせ者が揃うアスレチックス打線相手に6回を3安打無失点。自身に一発が出なかったこともあり、5勝目はならなかったが、懸念された球宴疲れは一切、見せなかった。七回裏には右翼守備に就き、今季4度目の三刀流をこなした。

 これで大谷のクオリティースタート(QS=6回以上を自責点3以内)は今季7試合目。リアル二刀流の負担から失速も予想されながら、シーズンを追うごとに調子を上げてきた。

「3分の2回を7失点でKOされた6月30日のヤンキース戦では体の開きが早く変化球の制球が定まらなかったが、しっかりと修正して4勝目を挙げた7月6日のレッドソックス戦、同13日の球宴に間に合わせてきた。球速は160キロ近くを記録し、ベースカバーを怠らず集中力を維持していることからも現時点で疲労の色はうかがえません。今後も安定感のあるマウンドが続くと思います」(Jスポーツ大リーグ中継で解説を務める評論家の三井浩二氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    【競泳】大橋悠依は金メダル、瀬戸大也は予選落ち…男女エースの明暗を分けた指導者の差

  4. 4

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  5. 5

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  6. 6

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  7. 7

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  8. 8

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  9. 9

    小芝風花vs二階堂ふみ“ラブコメ対決”ともに大苦戦…既視感ありすぎ視聴者ドッチラケ

  10. 10

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

もっと見る