6月に筋トレで追い込む新庄に感心…声をかけると「これからTシャツの季節ですよ」と

公開日: 更新日:

長嶋清幸(元阪神選手、打撃、守備走塁コーチ)#2

「清宮くんとのやりとりを見て、彼らしいと思いましたね」

 阪神時代の新庄剛志監督(49)とチームメートだった長嶋清幸氏(60)は、懐かしそうに言った。

■清宮への減量指令

 日本ハムの秋季キャンプを視察した新庄監督は、2017年ドラフト1位の清宮幸太郎(22)の左脇腹の肉をつまみながら、こう声をかけた。

「ちょっとデブじゃね? ちょっと痩せない?」

「痩せたら打球が飛ばなくなるのが怖い」と返す清宮に、「今もそんなに打球が飛んでないよ。昔の方がもっと飛んでいた。今はちょっとキレがない気がする」と指摘したうえで、笑顔で「痩せた方がモテるよ」と囁いた。

 その後、自身のSNSで、今年1月から8月にかけて鍛え上げた肉体を披露。長嶋氏が、「新庄監督は毎年6月になるとメチャクチャ、筋トレに励んでいました」と、こう続ける。

「プロ野球は2月のキャンプから始まり、そこでつくった体力の貯金は5月くらいになくなる。6月にしっかり追い込まないと、7月以降に体が持たなくなってしまいます。僕自身、カープ時代に『7月にしっかり追い込んで、もう一回体力をつけなさい』と教えられていました。公式戦をこなしつつ、しんどい思いをしながらウエートに励む姿を見て、さすがだな、大した選手だなと思いました」

 そこで長嶋氏は、「ツヨシ、凄いね」と声をかけた。すると新庄監督は、きつねにつままれたような表情で、こう言ったのだという。

「カチカチにしておかなきゃ」

「長嶋サン、何を言ってるんですか。これからTシャツの季節ですよ。肌が出るでしょ? 体をカチカチにしておかなきゃダメでしょ」

 長嶋氏が続ける。

「『えっ? Tシャツを着るためにやってるの?』と驚く僕に、新庄監督は『そりゃ、そうでしょう』と(笑い)。でもね、動機は不純かもしれないですけど、やっていることは理にかなっているんですよ。Tシャツを着てカッコいいくらい筋力をつければ、それが結果的に野球にプラスになる。僕はコーチ時代、選手たちによく、『動機は何であれ、プラスにつながることをやっていけばいい』という話をしました。プロたるものこうあるべき、というような堅苦しい考え方にならなかったのは、実は、新庄監督が教えてくれたことなんです」

 阪神時代からチーム一の人気者だった新庄監督は、グラウンド外でも何かと話題をさらった。

「シーズンオフを経て、球場で久しぶりに会うと、すべての歯が真っ白になっていた。もともとキレイな歯をしていたんですけど、『全部インプラントです』と。90年代当時はまだ、一般的ではなかったかもしれないですけど、新しいものに関心もあったのでしょうね。あとで歯科医師に聞いたら、『体に危険ですから短期間で全部はできません』と言われて少し怖くなりました(笑い)。そういえば彼は当時、『歯医者で麻酔をしたことがない。痛みが気持ちいいんですよ』とも。普通ではない感覚を持っているのは確か。きっと相手チームも新庄野球をなかなか理解できないんじゃないかと。面白いことをやってくれそうだし、頑張ってほしいですね」

*この記事の関連【動画】もご覧いただけます。


▽長嶋清幸(ながしま・きよゆき) 1961年、静岡県生まれ。79年ドラフト外で広島に入団。中日、ロッテを経て、阪神でプレー。阪神では98年から2003年までコーチを務めた。現在は、愛知県犬山市で、「元祖台湾カレー犬山店」の店主として日々、カレーを振る舞う。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  2. 2
    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

  3. 3
    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

  4. 4
    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

  5. 5
    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

もっと見る

  1. 6
    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

  2. 7
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  3. 8
    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

  4. 9
    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

  5. 10
    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷

    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷