青森山田が高校サッカー3度目V! 小嶺・国見と古沼・帝京の優勝6回を抜けるのか?

公開日: 更新日:

 高校サッカー選手権の決勝(10日)で青森山田(青森)が対戦相手の大津(熊本)をシュート0本に抑え、4-0の横綱相撲。3大会ぶり3回目の優勝を飾った。

 青森山田にとって今大会は「4大会連続の決勝進出」。2018年度に優勝後、静岡学園と山梨学院に敗れ、2大会連続で準優勝に甘んじていたが、圧倒的な力量差を見せつけてのリベンジだ。

 前半37分に先制。2-0で迎えた後半10分に大黒柱MF松木が、強烈なヘディングシュートを叩き込んで大津イレブンは意気消沈。終わってみれば「5試合.21得点」と青森山田の強さばかりが際立った大会だった。

「青森山田は<球際の強さ>でルーズボールをことごとく拾い、そこから<切り替えの早さ>を発揮して鋭いカウンター攻撃を仕掛け、局面に応じて<個人技と戦術眼の高さ>を利した展開力も披露した。さらに豊富な運動量を加味して攻守に躍動。2回戦・大社と準決勝・高川で6-0の一方的なスコアで勝利するなど盤石の強さを誇った」(元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  2. 2
    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

  3. 3
    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

  4. 4
    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

  5. 5
    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

もっと見る

  1. 6
    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

  2. 7
    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

  3. 8
    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

  4. 9
    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

  5. 10
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”