サッカー日本代表「長谷川ジャパン」は幻に…森保解任論噴出で秘密裏に進んでいた

公開日: 更新日:

 9月に開幕したサッカーW杯アジア最終予選で、日本はホームでのオマーン戦を落とし、黒星発進となった。その後、3戦目の敵地でサウジアラビアにも敗れ、1勝2敗と出遅れると、森保一監督(53)の解任論が噴出した。

 そこで次期監督最有力候補に浮上したのが、FC東京の長谷川健太監督(56=現名古屋監督)だった。J1歴代2位の通算218勝。G大阪を率いた際はJ2に降格したチームをわずか1シーズンでJ1に復帰させ、その年度にJリーグ、ナビスコ杯、天皇杯の国内3冠を達成した。日本人監督としての実績はズバぬけている。メディア関係者がこう言った。

「サッカー協会は森保体制を支える姿勢を見せながら、方針転換せざるを得なくなった場合の後任の筆頭候補として、長谷川監督をリストアップしていた。スポーツ紙で報道されると、本人は『ビックリ。事前の打診? ない』と否定したものの、協会は水面下で準備を進めていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

  2. 2
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  3. 3
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  4. 4
    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

  5. 5
    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

もっと見る

  1. 6
    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

  2. 7
    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

  3. 8
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  4. 9
    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

  5. 10
    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”

    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”