MLBいまだロックアウト中…鈴木誠也も中ぶらりん、通常開幕のタイムリミットは1週間

公開日: 更新日:

 新労使協定で合意せず、ロックアウト中の大リーグでMLB(機構)と選手会は24日(日本時間25日)に協議を再開した。選手会側の提案を、機構側が再度、審議することで終了し、25日(同26日)も継続して交渉することになった。

■26日も継続協議へ

 ロックアウト後、2度目の協議は初めて対面で実施。選手会側から現役選手では唯一、球宴左腕のアンドリュー・ミラー(カージナルスFA)が出席した。この日は、13日に機構側が示した主要争点であるFA取得条件やぜいたく税に関して、選手会側が対案を提示した。複数の米メディアによれば、選手会側が要求していた現行6年のFA取得期間の短縮、収益分配の削減の見直しを取り下げたという。

 機構側と選手会側は主要争点の他、ドラフト制度改革やポストシーズン進出など計5項目で依然として隔たりがあることから両者の歩み寄りには長期化が予想されている。

 23日付のCBSスポーツ(電子版)によれば、2月中旬のキャンプイン、3月末のレギュラーシーズン開幕など、通常通りのスケジュールを行うには遅くとも2月1日までに合意する必要があるという。

 ロックアウト中は全ての契約交渉が凍結されており、広島からポスティングシステムでの移籍を目指す鈴木誠也(27)も中ぶらりんの状態だ。

 労使交渉の遅れは誠也の契約にも影響しかねない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路