カブス鈴木誠也は打撃急失速…「見逃し三振」急増の裏にメジャー審判の洗礼

公開日: 更新日:

 カブス・鈴木誠也(27)に陰りが出始めた。

 メジャー1年目の今季は開幕から好調で、4月は打率.279、出塁率.405、4本塁打、14打点。月間最優秀新人に選出されたが、ここにきて当たりが止まり、4月20日から5月5日までの14試合は打率.154、出塁率.235と低下した。

 デービッド・ロス監督は「相手バッテリーが十分に研究している」と話しているが、日本人ルーキーの失速はそれだけが原因なのか。

 鈴木はここまで27三振。そのうち見逃し三振は13個でナ・リーグトップだ(5日現在)。5日までの13試合に限れば、18三振のうち、8個が見逃し三振だ。打席で球を見極めるタイプとはいえ、まだメジャーのストライクゾーンに対応しきれていない可能性もある。だがそれ以上に考えられるのが、審判による「新人イジメ」だ。

 実際、これまでも多くの新人選手が洗礼を浴びてきた。日本人選手も例外ではなく、エンゼルス・大谷翔平(27)も渡米1年目の2018年に厳しい判定を目の当たりにしている。この年の大谷は3、4月に打率.341、4本塁打、12打点をマークして誠也同様、月間最優秀新人に選出された。投打の二刀流として順調なスタートを切ったが、三振数は4月の11個から5月には18個に増えた。際どいコースをストライクと判定されての見逃し三振も少なくなかった。

 ベテランのアンパイアほど、新人にメジャーの厳しさを実感させるために、ジャッジがシビアになるのは普通のことだ。

 鈴木は相手バッテリーだけでなく当分の間、主審のジャッジにも悩まされそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  2. 2
    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

  3. 3
    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

  4. 4
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  5. 5
    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

  1. 6
    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

  2. 7
    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

  3. 8
    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

  4. 9
    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

  5. 10
    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!

    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!