ロッテ佐々木朗希の恐るべき“野球脳”! 鷹打線の「直球狙い」を即修正し逆に緩急で翻弄

公開日: 更新日:

 今年3月、テレビ東京系で放送された日本ハム巨人戦の中継で、落合博満氏と中畑清氏がダブル解説を行った。その際、中畑氏はロッテ佐々木朗希(20)について、「あの(160キロ超の)ストレートと(140キロ台後半の)フォークを見たら、あんなボール打たなきゃいけない。同じ時代にいなくてよかったよ」と発言。すると落合氏は間髪入れずに「いや、慣れるって」と断言していた。

 その言葉通り、佐々木朗希は前回登板のオリックス戦に続き、6日のソフトバンク戦でも初回から直球を狙い打たれた。二回以降はフォークの割合が増え、今宮に適時二塁打を許した四回までに6安打を浴びた。

 しかし、令和の怪物はここから真骨頂を見せた。評論家の高橋善正氏がこう言った。

「佐々木朗希は制球がよく、直球をストライクゾーンに投げ込む。相手打者からすれば当然、直球狙い。それでも大崩れしないのが佐々木朗希の素晴らしいところ。あの柳田を変化球中心の攻めで翻弄し、打者が3回り目に入った五回からは緩いカーブを初球に投じ、カウント球として使った。四回の今宮と甲斐に対しても初球にスライダーを投げていたが、より球速が遅いカーブを使った方が緩急がつけられると判断したのでしょう。決め球もフォークからストレートに変え、五回、六回と無安打投球ですから。ゲームの中で攻め方を修正できるのは、学習能力、野球脳が優れている証拠です」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に