国内女子ツアーで囁かれる「観客不入り」の深刻…入場制限あれどキャパの半分にも満たず

公開日: 更新日:

【ほけんの窓口レディース】第1日

小林浩美会長は女子プロ人気がすごく高いからと、いまだに交渉が続いているテレビ各局との放映権問題や、大会主催者との主催権交渉に強気な態度で臨んでいます。しかし観客の入りを見ると大丈夫かなと思いますよ」(大会関係者)

 仲宗根澄香(30)、菊地絵理香(33)、鈴木愛(28)、小祝さくら(24)の4選手が66で回り首位タイに並んだ初日。

 平日で雨が降ったこともあり入場者数は1833人だった。

 今大会はコロナ感染防止対策のため各日5000人の入場制限を設けているとはいえキャパの半分にも満たず、コロナ前に行われた2019年大会初日4228人に比べても少ない。

「前週のワールドレディスもそうです。首都圏開催で例年多くのギャラリーで賑わいます。渋野日向子が勝った19年大会は4日間で計2万5171人。各日8000人上限で行われた今年は同2万5146人と総数はほとんど変わらずよく入ったほうですが、肝心の土曜、日曜日の入りが各日2500人ぐらい少ない。17年大会4万1484人、18年3万4104人。女子プロが人気とはいえ、タダ券をバラまかなければ観客は集まらないと説明するスタッフもいるぐらいです」(前出の関係者)

 来週開催の「ブリヂストンレディス」も各日5000人の入場制限を設けるが、渋野日向子が一時帰国して出場する。渋野がいる、いないで入場者数がどれくらい変わるか、多くのツアー関係者が注目している。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  3. 3
    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

  4. 4
    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

  5. 5
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

もっと見る

  1. 6
    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

  2. 7
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  3. 8
    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

  4. 9
    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

  5. 10
    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」

    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」