大谷が封印中の「新球取得」に着手!リスク承知の異例の試みに透ける思惑

公開日: 更新日:

 メジャーを代表する速球派がバリエーション拡大を図っている。

 エンゼルス・大谷翔平(27)が、ブルペンでの投球練習で新球を試しているというのだ。

 現地放送関係者によれば、今春のオープン戦で実際に試投し、大谷が「スプリットとチェンジアップの中間」と説明した球種だという。新球習得はリスクも伴う。シーズン途中としては異例と言っていい。

 大谷は新球をオープン戦で投げただけで、開幕後は封印してきた。ここにきてこれを解禁するのは、投球の幅を広げる狙いからだろう。

 自己最多の13奪三振で6勝目を挙げた前回のロイヤルズ戦では、ネビン監督代行の降板指令に「これは僕の試合だ」と拒否。今季最多の108球を費やして今季最長の8回を投げ切った。指揮官は「彼は頑固だ」と苦笑いしながらも「ショウヘイが投げてくれたおかげでブルペンを休ませることができた」と二刀流のワークホースぶりに目を細めていた。

 大谷の新球が武器になり、球数を抑えて1イニングでも多く投げれば、リリーフ陣の負担軽減につながるだろう。大谷も日頃から「救援投手に楽をさせたい」と話しているが、本音を言えば自軍のブルペンを信用できないのではないか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

  2. 7
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

  5. 10
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走