大谷が封印中の「新球取得」に着手!リスク承知の異例の試みに透ける思惑

公開日: 更新日:

 メジャーを代表する速球派がバリエーション拡大を図っている。

 エンゼルス・大谷翔平(27)が、ブルペンでの投球練習で新球を試しているというのだ。

 現地放送関係者によれば、今春のオープン戦で実際に試投し、大谷が「スプリットとチェンジアップの中間」と説明した球種だという。新球習得はリスクも伴う。シーズン途中としては異例と言っていい。

 大谷は新球をオープン戦で投げただけで、開幕後は封印してきた。ここにきてこれを解禁するのは、投球の幅を広げる狙いからだろう。

 自己最多の13奪三振で6勝目を挙げた前回のロイヤルズ戦では、ネビン監督代行の降板指令に「これは僕の試合だ」と拒否。今季最多の108球を費やして今季最長の8回を投げ切った。指揮官は「彼は頑固だ」と苦笑いしながらも「ショウヘイが投げてくれたおかげでブルペンを休ませることができた」と二刀流のワークホースぶりに目を細めていた。

 大谷の新球が武器になり、球数を抑えて1イニングでも多く投げれば、リリーフ陣の負担軽減につながるだろう。大谷も日頃から「救援投手に楽をさせたい」と話しているが、本音を言えば自軍のブルペンを信用できないのではないか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質