秋山翔吾争奪戦で広島に敗れ“フラれ組”…西武とソフトバンクの「ダメージの差」

公開日: 更新日:

 三つ巴の争奪戦で広島が勝利するとは、誰が思っただろうか。

 秋山翔吾(34)にフラれる形となった西武ソフトバンク。特に西武は古巣という大きなアドバンテージがありながらの敗北だった。

 しかし、ファンのショックはともあれ、よくよく考えればそこまで痛手ではない。まだまだ頼りないとはいえ、愛斗(25)や若林(24)ら若手は飛躍のきっかけを掴みつつある。秋山が加われば申し分ないものの、「是が非でも必要」というわけでもなかった。3年契約を提示した広島やソフトバンクに対し、唯一2年契約というオファーを変えなかったことも、それを物語っている。

「秋山は将来的な指導者の資質も高く評価されている。松井稼頭央ヘッドコーチが楽天を経て、古巣に戻ってきたように、他球団で経験を積むことはプラスになる。秋山獲り失敗は現場にはショックでも、球団的にはそれほど大きなダメージではない」(西武OB)

■同級生の柳田はケガが多く…

 コロナ禍で29日のロッテ戦が中止となったソフトバンクは、目先の観点で大ダメージだろう。確かに秋山が入団すれば、打率.324でいよいよ覚醒したと評判の牧原大(29)、同.312と成長著しい柳町(25)らの出番は減りかねない。しかし、彼らが1年間通して成績を維持できるかは未知数。特に柳町は昨季までの一軍出場は通算34試合。今季が実質一軍1年目のようなものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

  2. 7
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

  5. 10
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走