ヤクルト村上2連発、直近6戦8本塁打に…「打たれる方にも問題あり」と広島OB厳しい指摘

公開日: 更新日:

 勢いが止まらない。

 ヤクルト村上宗隆(22)が29日の広島戦でまた打った。

 1点を返された直後の3-1の八回だ。カットボールを左中間スタンドへ突き刺して「点を取られた後だったのでなんとか追加点が欲しかった。しっかりと押し込むことができました」とコメントすれば、九回にもカーブを同じく左中間席へ運んだ。まるで前打席のVTRを見ているかのような2打席連発となる29号2ラン。これで3試合連続アーチとなり、最近6試合で8本塁打をマーク。球団日本人最多となる月間14本目とした。同35打点はバレンティンの持つ球団月間最多打点に並び、6月に限れば、プロ野球新記録の爆発ぶりだ。

「本塁打を量産する村上の打撃はもちろん素晴らしい。ただ、打たれる方にも問題があります」と広島で投手コーチや編成部長などを歴任した川端順氏がこう指摘する。

「打たれた球はともに真ん中付近のカットボールーとカーブ。同じような変化球を同じようなところに投げて、同じ左中間席に放り込まれたのだから、情けないというか、カープバッテリーの工夫のなさにも原因があります。村上は先週末の巨人との3連戦でも打ちまくっていましたが(計3本塁打で9打点)巨人バッテリーにも同じことが言えます。ただ漫然と投げて打たれているように見えましたから。プロなんですから、セの5球団はもっとしっかり対策を立てて臨んで欲しいですね」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍