大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

公開日: 更新日:

 大谷翔平(27)のエンゼルスに異常事態である。

 日本時間27日のマリナーズ戦での大乱闘を巡って、フィル・ネビン監督代行(10試合)、レイ・モンゴメリー・ベンチコーチ(2試合)、ドム・キティ投手コーチ補佐(5試合)、守護神イグレシアス(2試合)ら9人(マ軍は3人)に出場停止が科されたのだ。

 エ軍ではネビン監督代行の処分が解けるまで、モンゴメリー・ベンチコーチが「代行の代行」として指揮を執る。自身が処分を受けるのはその後になるという。このモンゴメリー・コーチは、これまでマイナーを含めて指導者経験がなく、今季がコーチ1年目。30年以上の指導歴があるキティ投手コーチ補佐のいない間は、キャリアの浅いワイズ投手コーチが投手陣全般を管理することになる。

 今季のエンゼルスはリリーフ陣を中心とした投手力が弱く、5月から6月には14連敗を喫した。ただでさえ投手陣に不安を抱えている上に、経験の乏しい2人のコーチがチームを動かすとなれば、エンゼルスの低迷に拍車がかかるのは必至だ。

■名前が挙がった3つの金満球団

 エンゼルスは首位アストロズと11ゲーム差のア・リーグ西地区3位(28日現在)。レンジャーズ、マリナーズとともに地区2位争いを繰り広げているが、いずれも勝率5割以下。東地区の4球団と中地区2位のガーディアンズが勝率5割以上をキープしているだけに、現状ではポストシーズン進出は厳しい。

 現地時間8月2日のトレード期限が約1カ月後と迫る中、米メディアでは大谷の去就に関する報道が増えてきた。スポーツ専門サイト「ファンサイデッド」は、「エンゼルスが大谷との交渉を打ち切った場合の3つの移籍先」をメッツ、ヤンキース、レイズの3球団と予想し「これらの3球団は、大谷を獲得するための資金がある」としている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず