侍Jを待つアウェーの洗礼…WBC決勝R初開催のマイアミは人口の6割がヒスパニックかラテン

公開日: 更新日:

 準決勝、決勝の舞台であるマイアミは、米経済誌「フォーブス」が全米で最も惨めな都市に選んだこともあるほど。人口の6割強がヒスパニックまたはラテン系で、キューバを筆頭に中南米からの移民が多い。

 全米でも有数の犯罪発生率が高い場所で、1日に2回、拳銃を向けられた日本人観光客もいる。

 写真はWBCが行われているローンデポパークのスタンド風景。ご覧の通り、熱狂的なファンが、主に中南米諸国に熱い声援を送る。

 過去4回の決勝ラウンドはサンディエゴ、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ロサンゼルスと、いずれも西海岸の都市で行われた。東海岸の球場に比べたらファンは穏やかでノンビリしているとはいえ、それでも選手たちは「完全にアウェーだった」と口をそろえた。

 日本時間21日の準決勝の相手はメキシコ。中南米のチームゆえファンは熱い。グラウンドの選手たちは、スタンドからこれまでの大会以上の罵声やブーイングを浴びることになる。

 侍ジャパンナインは、スタンドも敵と思った方がいい。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「実際のところ二刀流を勧める立場でもなければ、考えたことも、その発想すらなかった」

    「実際のところ二刀流を勧める立場でもなければ、考えたことも、その発想すらなかった」

  2. 2
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

  3. 3
    “懲罰二軍落ち”阪神・佐藤輝明に「藤浪化」の危険すぎる兆候…今が飛躍か凋落かの分水嶺

    “懲罰二軍落ち”阪神・佐藤輝明に「藤浪化」の危険すぎる兆候…今が飛躍か凋落かの分水嶺

  4. 4
    「結婚はまったく予想していませんでした。野球をやっている間はしないと思っていた」

    「結婚はまったく予想していませんでした。野球をやっている間はしないと思っていた」

  5. 5
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  1. 6
    《あの方のこと?》ラルクhydeの「太っていくロックアーティストになりたくない」発言が物議

    《あの方のこと?》ラルクhydeの「太っていくロックアーティストになりたくない」発言が物議

  2. 7
    GLAYのTERU“ホテル不満ツイート”が物議…ツアー最終日「気持ちが上がらない」にファン失望

    GLAYのTERU“ホテル不満ツイート”が物議…ツアー最終日「気持ちが上がらない」にファン失望

  3. 8
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    小池百合子都知事の“元側近”小島敏郎氏が激白! 2020年都知事選直前に告げられた「衝撃の言葉」

    小池百合子都知事の“元側近”小島敏郎氏が激白! 2020年都知事選直前に告げられた「衝撃の言葉」