WBC準決勝で侍Jと対戦メキシコには重大欠点! 身体能力ケタ違いも集中“プッツン”あるある

公開日: 更新日:

 日本時間18日に行われたWBC準々決勝のメキシコープエルトリコ戦は、メキシコが5-4で勝利。同21日の準決勝で日本代表と対戦する。

 メキシコ代表には現役メジャーリーガーが多数参加。1次ラウンドで米国を撃破しての1位通過だ。

 日本代表にとって、今大会で初めてぶつかるであろう高い壁。投手戦になるか打ち合いになるか、いずれにしても、これまでのような楽な戦いはさせてくれそうにない。

 しかし、そんなメキシコにも穴、欠点はある。大リーグに詳しいスポーツライターの友成那智氏は「これは中南米の選手にありがちですが」と、こう続ける。

「感情を爆発させて後先考えない行動に出ることが少なくない。さらにチーム一丸で団結し、集中力が高まっている時は恐ろしい相手だが、その集中力が長く続かない傾向もある。今大会ではメキシコの遊撃手、ルイス・ウリアス(ブルワーズ)が、12日のコロンビアとの延長戦でさほど難しくない打球をファンブル。この隙に三塁走者がホームインし、格下のコロンビアに決勝点を献上してしまった。プエルトリコでもエース格のホセ・ベリオス(ブルージェイズ)は元々好不調の波が激しく、13日のベネズエラ戦では2回途中6失点でKOされています」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

  3. 3
    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

  4. 4
    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

  5. 5
    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

  1. 6
    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

  2. 7
    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

  3. 8
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 9
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  5. 10
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道