日本ハム万波中正2打席連発!「ブンブン丸」覚醒信じていい? 新庄監督の本音は?

公開日: 更新日:

 日本ハム万波中正(23)の勢いが止まらない。

 30日のヤクルト戦で、10号、11号と2打席連続本塁打。両リーグ最速の2ケタ本塁打到達である。

 1点ビハインドの四回、石川雅規(43)の外角直球を逆らわずに右翼席へライナーで叩き込むと、六回には同じく石川の真ん中に甘く入った直球を今度は左中間に突き刺した。

 直近5試合で4本塁打の大当たりで、開幕から47試合で11本塁打、31打点(リーグ2位)、18二塁打(12球団トップ)をマーク。昨季は100試合で.203と課題だった打率は.260までアップし、112個を数えた三振の割合も着実に減っている。「新庄監督の注文をクリアしつつあります」と球団OBがこう続ける。

「“新庄チルドレン”と言われる万波ですが、実は新庄監督の期待はそれほど高くなかったとか。『打撃の確実性を上げないと使えないし、使わない』とコーチたちに漏らしていたそうですし、外角の球を左手1本で打ちに行くスイングについても、『あの打ち方で大成した選手はひとりもいない』と、強い口調で言っていたそうですから」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元キスマイ、元V6メンバーが相次いで告発…現役グループの“性加害被害”にジャニオタ悲鳴

    元キスマイ、元V6メンバーが相次いで告発…現役グループの“性加害被害”にジャニオタ悲鳴

  2. 2
    勝みなみ、西村優菜、渋野日向子…帰国中の女子海外組「シード当落線上」プロの胸中

    勝みなみ、西村優菜、渋野日向子…帰国中の女子海外組「シード当落線上」プロの胸中

  3. 3
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  4. 4
    北公次による35年前の「性被害告発」の凄まじい“影響力” ジャニーズCD販売数が軒並み下落

    北公次による35年前の「性被害告発」の凄まじい“影響力” ジャニーズCD販売数が軒並み下落

  5. 5
    東山紀之新社長の二面性、TVマンが見た“ウラ”の顔は「番組降板時にCPを睨みつけ、無言で楽屋に…」

    東山紀之新社長の二面性、TVマンが見た“ウラ”の顔は「番組降板時にCPを睨みつけ、無言で楽屋に…」

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    村西とおる監督が藤島ジュリー景子氏に激怒!「北公次の墓前で手を合わせ、全財産を差し出せ」

    村西とおる監督が藤島ジュリー景子氏に激怒!「北公次の墓前で手を合わせ、全財産を差し出せ」

  3. 8
    吉本興業前会長・大﨑洋氏が開催危ぶまれる大阪万博について激白…プロジェクトチーム“自腹運営”の苦境

    吉本興業前会長・大﨑洋氏が開催危ぶまれる大阪万博について激白…プロジェクトチーム“自腹運営”の苦境

  4. 9
    ジャニー氏の庇護を受けてきた東山紀之の“裏の顔” 超人気女優との"同棲"も事務所パワーで握り潰す

    ジャニー氏の庇護を受けてきた東山紀之の“裏の顔” 超人気女優との"同棲"も事務所パワーで握り潰す

  5. 10
    どうなる“ジャニーズの妻たち”の命運…木村佳乃は「ソーセージを食べる演出は絶対できない」

    どうなる“ジャニーズの妻たち”の命運…木村佳乃は「ソーセージを食べる演出は絶対できない」