今永昇太カブス1年目から大きな重圧…不安定な誠也は頼りなし、ファンもオ―ナーも超シビア

公開日: 更新日:

 DeNAからポスティングシステムでメジャー移籍を目指していた今永昇太(30)が、カブスと合意した。日本時間10日、大リーグ公式サイトなど複数の米メディアが報じた。メディカルチェックで異常が見つからなければ、正式に契約を結ぶ。

 新たに名将を迎えて2020年以来4年ぶりのレギュラーシーズン勝ち上がりを目指すカブスにとって、日本人ルーキー左腕への期待は高まる一方だが、今永にとって追い風ばかりではない。本日配信の「カブス入り今永昇太を待つ“強すぎる逆風”…日本人投手に相性悪い本拠地、打線援護も望み薄」では、本拠地との相性の悪さ、打線の脆弱さを挙げたが、他にも障壁がある。

 カブスには鈴木誠也が在籍しており、渡米1年目の今永にとって心強い存在となるが、グラウンドでは心もとない。

 大リーグに詳しいスポーツライターの友成那智氏がこう言う。

「今季、鈴木は3、4番で起用される見込みですが、過去2年間は期待通りのパフォーマンスを発揮したとは言い難い。昨季、日本人の右打者では初の20本塁打をマークしたとはいえ、好不調の波が激しく、7月下旬以降は相手打者が右投手の際にはスタメンを外れる機会が増え『プラトーン要員』に格下げされました。現有戦力で臨むのであれば、ルーキーの今永をもり立てるためにも、昨季終盤にポストシーズン進出を逃す失策を犯した守備も含めて鈴木には安定した働きが求められます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 2
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  3. 3
    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

  1. 6
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 7
    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

  3. 8
    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

  4. 9
    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う