巨人相次ぎ補強失敗、投打の柱メジャー流出懸念も…あるぞ阿部監督1年目Vの現実味

公開日: 更新日:

 巨人のエース戸郷翔征(23)が9日、夢は大きく「MVPと日本一」を目標に掲げた。

 宮崎・延岡市の母校、聖心ウルスラ学園で自主トレを公開。キャッチボールなど約3時間のトレーニングを行った。決め球のフォークだけでなく、カットボールやツーシームの精度を高めることにも挑戦。「体の内部までこだわってやっている。けが予防も含めて一から基本に忠実にやっている」と2年連続12勝から、さらなる飛躍を誓った。

 すでに阿部慎之助監督(44)から開幕投手に指名されている。初の大役に「意気に感じるし、責任も感じる」と3月29日の阪神戦を見据えるエースは、冒頭の目標をブチ上げた上で「投手としてもタイトルを全部取るような勢いじゃないことには取れないと思う。そこを目標にやっていけたら」と威勢が良かった。

 とはいえ、2年連続Bクラス4位に沈む巨人の補強状況は芳しくない。かつて専売特許だったFA戦線で山崎福(日本ハム)を取り逃がしたことがケチのつき始め。さる球界関係者がこう言った。

「それだけではありません。メジャー通算108発の外野手レイエスを取りにいったものの、争奪戦の末に日本ハムにさらわれた。昨年10月には巨人も手を挙げた『台湾の至宝』でU18台湾代表のエース孫も日本ハムと育成の4年契約を結んでしまった。これで日本ハムに3連敗です」

 一方、貴重な右の大砲だった中田には自由契約を申し出られ、同一リーグの中日へ流出。来てくれない上に出ていかれる――。こんなありさまだから、オフの話題はほとんどなく、昨年38年ぶりに日本一となった「阪神連覇」を予想する評論家がほとんどだ。

 そんな中、「戸郷、山崎伊など先発は計算できる巨人も戦力が充実してきました」とは、巨人でバッテリーコーチなどを務めた秦真司氏(野球解説者)である。

「課題はリリーフで、故障明けの抑え・大勢の状態が不透明で不安が残るものの、仮に大勢がダメでも、ドラフト1位で指名した西舘勇陽(21=中大)はいいと聞いています。クイック投法で制球も抜群。直球は常時150キロ超えでフォークとカットボールという決め球が2種類。三振奪取能力が高いことを評価している阿部監督はだから、リリーフで使いたいのでしょう。大勢や栗林(広島)など勢いのある新人がクローザーを務めるのは最近のトレンド。共通するのはフォークという武器があることで、相手に蓄積されたデータがない上に特殊な決め球があれば、活躍できる可能性が高くなります」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • 野球のアクセスランキング

  1. 1

    なぜ阪神・岡田監督は大炎上しないのか…パワハラ要素含む「昭和流采配」でも意外すぎる支持

  2. 2

    ロッテ佐々木朗希「強硬姿勢」から一転…契約合意の全真相 球団があえて泥を被った本当の理由

  3. 3

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  4. 4

    岡本和真と村上宗隆のメジャー挑戦に“超逆風” 大谷バブルをブチ壊したMLB先輩野手の期待外れ

  5. 5

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  1. 6

    佐々木朗希の今季終了後の「メジャー挑戦」に現実味…海を渡る条件、ロッテ側のスタンスは

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  4. 9

    日本ハム水谷瞬プロ入り時のコーチが明かす覚醒のカギ「(当時)フライはまともに捕れず、バットにも…」

  5. 10

    仁義なき「高校野球バット戦争」…メーカー同士で壮絶な密告合戦、足の引っ張り合い、広がる疑心暗鬼

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    セクハラだけじゃない!前監督が覚悟の実名告発…法大野球部元部長、副部長による“恫喝パワハラ”激白180分

  3. 3

    松本人志の“不気味な沈黙”…告発女性が「被害受けた認識ない」有利な報道に浮かれないワケ

  4. 4

    「新宿野戦病院」小池栄子の“下手くそ英語”こそクドカンの真骨頂 異議唱えるアンチは視聴に向かず?

  5. 5

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  1. 6

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    仲野太賀&木竜麻生 2026年大河「豊臣兄弟!」前に電撃婚も…中野英雄もお墨付きの順調交際

  4. 9

    兵庫・維新系パワハラ県知事の「犠牲者」はもう1人いる! 別の職員の自殺「隠蔽」の疑い

  5. 10

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白