オリックス「公式戦無敗男」7年目・東晃平がさらなる高みを目指し新球を習得中

公開日: 更新日:

「ポスト山本由伸」の一人として注目を集めているのが東晃平(24)。昨季は10試合に登板し、6勝0敗、防御率は2.06でチームの3連覇に貢献。日本シリーズでも勝ち星を挙げ、初登板の22年から、公式戦ではいまだ負けなしが続いている。

 150キロ台のストレートとスライダーなどのキレ味の鋭い変化球を武器にするが、今季はツーシームの習得を目指すという。その理由を、本人はこう話す。

「以前もツーシームを投げていたのですが、その時は下半身の強さがあまりなく、投げるたびにフォームが崩れてしまっていました。今は下半身に力もついてきて、投げていても感触が良くなっていたので、中島監督からも『もう一度、投げてみたらどうか?』とアドバイスをいただきました」

 持ち球であるスライダー、カットボール、カーブと逆方向に曲がるツーシームを習得することで、投球の幅は広がる。

「ツーシームを習得することで、右打者を怖がらせることができる球が増える。そういった点で有効に使える変化球だと思いますし、外角の球ももっと使いやすくなるのではないのかなと。(山本)由伸さんにフォークを教えてもらったこともあるのですが、なかなか難しかった。ただ、自分のツーシームの落ち方が少し、由伸さんのフォークに似ているところがあったので、それならそっちを伸ばす方がいいんじゃないかというアドバイスを(若月)健矢さんからもらいました」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 2
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  3. 3
    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

  1. 6
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 7
    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

  3. 8
    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

  4. 9
    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う